Petite Fleur♪

7歳で椎間板ヘルニア発症した愛犬はな。只今リハビリ奮闘中です♪






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



近況報告と停電対策。 :: 2011/03/14(Mon)
2011年3月11日14時46分ごろ、
三陸沖を震源に国内観測史上最大のM9.0の地震が起きました。

被災者の方々の様子を報道で見るたびに
現実とは言えない悲惨な状況に心が痛みます。。。

仙台には大学に通っている甥っ子が一人暮らししているのですが
無事に友人たちと一緒にいることがわかってます。

そして市内に住むお友達とも連絡が取れほっとしました。

ただ…

今、病院に入っている義母の兄弟親戚が宮城沿岸部の石巻にたくさんいて
いまだにまったく連絡が取れていません。

津波から逃れてどこかで避難してると願っています。



さて…地震当日はお友達やパパさんが帰宅困難者となり
大変な経験をしてやっと帰宅。

私はちょうど2階で義父とヘルパーさんと打ち合わせ中でした。

あまりに長くて大きな揺れに階下にいるはなのことが心配になり
目の悪い父をヘルパーさんにお願いして
急いで階段を降りてはなを抱きかかえ玄関へ。

幸い家の中はものが少し落ちたくらいで済みましたが
お向かいの屋根瓦が崩れたりしてかなり怖かった。。。

そしてその時点から停電になり夜中の11時半まで電気とガスが使えなくなりました。

まず不安になったのはテレビが見られないので情報がまったくわからない。。。
途中で義父が小さなラジオを2つ持ってたので一つを借りて聞くことができました。

電池が足りなかったので時計やリモコンから外して使用。

すぐに終わるだろうと思った停電が夜になっても続き
懐中電灯とろうそくでなんとか光を確保。
暖房もないのでダウンを着て
夕飯はカセットコンロでお湯を沸かしカップ麺と
炊飯器にあったごはんでおにぎりですませました。


一番不安だったのは携帯の電池が切れそうだったこと。

でもお友達やパパさんから状況がメールで届きはじめたから
それだけでも心強かった私です。


今回は8時間ほどの停電なんだけど
これほど不安で不便なのかと痛感しました。

今現在、ライフラインが不通になってる被災地の方々や
家が流されたり肉親の安否がわからない方々のことを想うと
どれだけ辛いことか…その気持ちを想うとやりきれません。。。

はなも余震が続く中、私から離れようとしませんでした。

翌日、買い物に行ったらカセットコンロやカップめんが売り切れ。
かろうじて電池だけは買うことができました。

これからも計画停電は続くみたいですね。

電気とガスが止まった場合に必要なのは
懐中電灯のほか、ランタンなども必要だと思ったし
(ろうそくは地震が来ると怖いのでその都度消すことになるのでちょっと心配…)
カセットコンロやカップ麺などのインスタント食品と水、
暖を取るためのカイロや湯たんぽもあったほうがいいかと。

そして何よりもラジオと電池、
携帯を充電するものなどが必要なのだと実感しました。


これから何が起こるかわからない状況で
家族やはなを守るためにできることは?ってすごく考えさせられました。


被災地の方々のことを想うと
今我々にできることは節電。。。

計画節電の情報にはかなり振りまわされたけれど
この状況に対応していくしかないようですね。。。

スーパーでは早くも食料品など不足し始めてます。
これ以上、パニックにならないように…と願ってます。







  1. 日記
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<愛しのクリスマスローズ。 | top | 写真展 & 駒沢さんぽ。>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanahana220.blog117.fc2.com/tb.php/305-98c004a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。